子どもっぽい彼女が欲しい人に彼女が出来る方法

VyVK9RkSTltp3CV1441252314_1441252329

男性からすると、何でもデキル女性よりも隙があったり、多少ワガママな方が好感度が高いものです。同性からは子どもっぽいと思われる行動でも、男性からは「仕方ないな…」「守ってあげたい」と思ってしまいますよね?

しかし、そういう彼女を欲しい場合には、男性としての器量や男らしさによって、子どもっぽい彼女が出来る確率がグンと上がります。それでは、具体的に出来る方法をご紹介しましょう。

なぜ「子どもっぽい顔・性格」がいいのか?

20代、30代を過ぎても仕草や考え方が子供のような振る舞いをする女性が多いです。日本人の顔立ちが彫が浅く、童顔な部分もあるのでしょう。また、男性も完璧にできる大人の女性よりも年下のような甘える姿の方が男性心にグッと火がつきます。

世の中の男性の多くもアニメやアイドルの影響からか「ロリコン」と呼ばれる方が増えてきています。なので、年下好きだからロリコンと言われるのではと不安な方でも、今は堂々と子どもっぽいが彼女欲しいと言えるものです。

甘えん坊、ワガママが狙い目

「子どもっぽい彼女」と言われても、実際にどのような女性のことを厳密に言うのか分かりにくいかもしれません。簡単に言えば、実年齢よりも幼い女性といったところでしょうか。例えば、「甘えん坊」「素直すぎる」「ワガママ」など挙げられます。特に甘えん坊は、男性にとっても分かりやすく姉妹がいれば妹、一人っ子などですと、上の子や父親に甘えたいと思う女性が多いので、そういう女性を狙う方法ですと効率的です。

父親キャラが必要

しかし、甘えん坊やワガママといったものは、可愛いけど大人としてどうなの?と非難されている場合があります。特に20代を超えると「自分は子どもっぽいから…」と悩んだり、デキる女性を装わなければいけないと考えている方は多いものです。

だからこそ、彼女らの父親のような包容力やリードする力は必要になります。また、子どもっぽい彼女欲しいなら「我慢強さ」は重要です。

つまり、相手の甘えん坊キャラに合わせられるような男性であると子どもっぽい彼女が出来やすくなります。逆に「女々しい」「ヘタレ」などは子どもっぽい彼女が出来るのは難しいでしょう。なので、子どもっぽい彼女が出来る方法の近道として、父親キャラになりきることがあります。

ツンデレを見つけよう

見た目が童顔ならともかく、合コンや出会い系で会っても、性格はすぐに分からないものです。特に、デリケートな時期が20前半を超えたところは周囲からも大人と判断され、まだ抜けきっていない状態です。20前半を過ぎると、ある程度はどちらかに比重が片寄りますので、狙いどころは難しくはありません。

見つける方法として、年齢は大事なところです。大抵の女性は表面上はいい顔をしなくてはいけないので「自分は子どもっぽいから…」と、初対面で言われることはまずありません。大人の女性を求める男性からすれば、恋愛対象に入らない可能性があるため、そこは淑女として振る舞っているのです。

実は甘えたいけど、甘えれない、その葛藤にいる彼女達にアプローチをする必要があるので、年齢が自身よりも下くらいが優位性を持ちやすいです。ただし、相手も外見で判断するので、男性側も童顔の場合には仕草や言葉遣いなどで経験豊富というアピールをすることがカギになります。

また、大抵の子どもっぽい女性は「大人風」「デキる風」にする雰囲気があります。少し背伸びをしたいと考える傾向にあるので、それを解きほぐすような男性の気遣いをすると、子供っぽくなります。例えば「2人だけのときなら甘えてもいい」などのセリフは場面を選んでする必要はありますが、そういう堅い女性心を崩すのも良いでしょう。

女性の言葉は裏が多い?

「男はいつまでも子供のよう…」と女性から苦笑されるのは、言葉を真に受けたり、胸やお尻が大好きなマザコンが多いからとされています。いくら欲しいと願っていても、彼女達から相手にされません。

逆に言えば、その反対の言動をすることで、彼女が出来る確率が高くなります。そうなるための方法は、リード感と包容力を持っていると、欲しいと思っていなくても自然と相手から魅力的に見えます。

子どもっぽい彼女欲しい人の本質

子どもっぽい彼女欲しい人の本質

なぜ子どもっぽい彼女欲しいのか、考えたことはありますか?純粋に普通の彼女と、子どもっぽい彼女欲しいのでは本質が全く違います。

実際に、何でも完璧にこなされるよりも、実年齢より子供のような感じの方が男性としては嬉しいものです。その理由を知ることが彼女欲しい人の本質を理解できる一歩となります。

男性は前に出た方が満足する

草食系と言われて、積極的にアプローチしない男性は多いと言います。しかし、女性の前では格好つけたいと思うのが大体の男性に当てはまるものです。

古風かもしれませんが、少しでも女性の優位に立ちたいと考えているのは大なり小なりあるもので、知人や友人には自分の恋人または妻を自慢したいと思っています。

そうなると、何でもこなせる女性は、自分を立たせてくれるのではなく、逆に周囲からの評価を下げてしまうリスクが存在するわけです。「女は恋愛に悲観的」と言いますが、実は男性の方が嫉妬や感情にネガティブだったりします。

つまり、最初は「デキた人」だと言われていたのに、彼女の周囲からは「なんであれにしたの?」と皆さんには聞こえないところで悪評になっているかもしれません。

本人同士が幸せなら問題はないですが、こういうところに子どもっぽい彼女の方が欲しいという本質が潜んでいます。

男の本質を知ろう

一般的な男性の本質が「プライドが高い」「臆病」「単純」というデメリットを晒されているのに対して相手側は、それを理解したうえで手のひらで転がしていくスタイルが無難になっています。

つまり、どこに行こうとも手綱に引かれているような状況を作られているのが全てではありませんが、結果的に女性の方が有利になります。

大人の女性であれば、母親のように癒しや管理などを求めることができる傾向が強いため、逆にそれを好まない男性というのが、子どもっぽい彼女欲しい理由にもなります。

子どもっぽい方が男性には楽?

欲しいと思う中にはそれ相応の理由があります。子どもっぽい彼女の場合、前述したデメリットが一気にひっくり返る可能性が高いです。

言葉一つとっても、無駄な駆け引きや相手を優位に持つ必要がなくなります。
子どもっぽい彼女の方が男性のリードが必要となるので、男としてのプライドも保つことができるわけです。

有利になること

こういう女性を好む方には、自分が有利であることの証明になります。相手の引き立たせ方が上手であれば、多少の誤魔化しも利きますが、彼女がデキる女性ですと男性側のステータスは落ちてしまいます。

なので、子どもっぽい彼女欲しい方には表面的には思ってはいなくても、有利な立場でいたいと思う本質があるのです。

子どもっぽい彼女欲しい人は包容力が重要

子どもっぽい彼女欲しい人は包容力が重要

優柔不断な男性が増えているのに対して、逆にサバサバしている女性が多くなってきている傾向にあります。しかし、子どもっぽい彼女に対しては、悩んだり、守られたいと思う方が強いものです。

また、感情の制御も難しいので、すぐにヒステリックになります。それらを受け止めるだけの優しく包み込む力は必要になります。子どもっぽい彼女欲しい人は包容力を身に付けることが重要です。

男性が思う勘違い

包容力と聞くと、心が広い人と思い浮かべるかもしれませんが、相手が何をしても許してくれる寛大さはまた別のものです。また、男性が思うのは腕力や知力など、なぜか力に憧れる傾向が強いせいか、ここを重視してしまう方が多いです。

しかし、女性が求めているのはそこではなく「安心感」を重視します。男性は「力があるから相手に安心感を与えられる」という思いが強いので、力を重視してしまうのでしょう。

怒らないのもポイント

子どもっぽい彼女欲しいなら、自分のコントロールは必要です。相手が怒るのに、こちらも怒ってしまえば、どちらが子供なのか分かりません。怒っていなくても、自分のコントロールが甘いと、相手には「怒っている」と捉われます。

相手が泣いても、怒っていても、受け止めて聞くことが子どもっぽい彼女を作るときに必要です。欲しいと思っても、相手の求めるものを表面上だけでもいいので、合わせるようにしましょう。

子どもっぽい彼女が求めるもの

突き詰めると、包容力は「安心感と優しさ」とも言えます。一緒にいるだけでもホッとするような雰囲気があると子どもっぽい彼女が出来る確率が上がります。相手も守ってくれる男性を欲しいと思っていますし、守って欲しいと切実に願っています。

そういう女性を偶然に見つけたときに、包容力を自然と発揮できるのが良いですね。

他人に気を遣う余裕がありますか?

包容力のある男性は、他人に気を遣える余裕を持っています。自分がどれだけ余裕がなくても顔色変えずに冷静に判断できるのは、素敵な大人と見られます。子どもっぽい彼女欲しいなら、情緒不安定は避けて、ポーカーフェイスを目指しましょう。

表情を露わにしますと、相手も不安になります。一方で、動じない心や表情ですと、相手も安心します。

ただ、勘違いをしてしまうのが、動じずに話を聞いてることが「話を聞いてない」と思われることです。

男性によくありがちなのが、自分にはどうでもいい話と思い流して聞いていると当たり前ですが、女性はヒートアップしますし、受け止めてくれないとなり、失敗してしまいます。

なので、余裕があって動じないのは良いですが、話は耳だけでも傾けるようにしましょう。

一朝一夕では難しい?

包容力は、すぐに身に付けれるものではありません。すぐに怒ってしまう、暴走してしまうという点があれば、少しずつ改善していくのが最適です。そうすることで、子どもっぽい彼女欲しいと思ったとき、行動することができるはずです。

子どもっぽい彼女欲しい人は頼れる男を演じるべき理由

子どもっぽい彼女欲しい人は頼れる男を演じるべき理由

頼れる男は、女性からすれば憧れるものです。年齢を積み重ねても、女性は守って欲しいと思うものです。また、実年齢よりも子供のような場合はなおさらです。

そういう彼女欲しいという方は頼れる男を演じると、相手も落としやすいですし、付き合いやすいです。

頼れる男とは?

男性と女性が考える「頼れる男」は多少の違いがあります。子どもっぽい彼女に対しては、引っ張ってあげるような関係が大切ですが、強引過ぎると男性側が「頼りにならない」と思われてしまいます。

例えば、選択するときは切るように決めるなど、相手が迷ってしまう場合にこちらが上手に決めてしまうことも有効です。また、話をしっかり聞いて、適格な言葉で返すことも必要です。

子どもっぽい彼女の表情から察するのも大切

子どもっぽい彼女は心情を隠したがるものです。甘えたいと思っていても、友人や知人またはメディアの話しなどを聞いて不安になることもあります。

しかし、ここで飄々と「大丈夫」と軽薄そうにしてしまえば、頼れない男になってしまいます。なので「元気ないけど何かあった?」くらいの配慮は必要です。何も言わなくても相手から言ってくれることによって、安心するものです。

強引は紙一重なので注意!

多少な強引さは必要と言われても、男性側が間違えると後が怖いですよね。子どもっぽい彼女欲しいなら、強引なやり方は頼りになる男になりますが、相手の意見も聞かないとなると、冷めてしまうので気をつけましょう。

ポイントは、相手が本当に何をしていいか分からないときや立ち止まっているときなどにリードしてあげることです。

子どもっぽい彼女を上手に叱ってあげることも大事

褒めることは大事ですが、相手を叱ることも覚えましょう。どんなに決意や信条があったとしても、他人の意見で揺らぐものです。子どもっぽい彼女ならなおさらで、良い意味では純情ですが、だからと言って正しい道に行かないときもあるでしょう。

気づかずに間違った道に行く可能性もあるわけです。

傷つけたくないからと、そのまま放置してしまうのは「頼れない男」と見られます。なぜなら、言わないのは彼女のためではなく、自分が嫌われたくないための行動なので自己中心的と思われてしまうのです。

しかし、叱ってあげることで「自分のために」の優しさだと思われます。もちろん、ある程度仲良くなる必要はありますが、頼れる男を演じるのなら「嫌われても彼女が間違った道に行くよりはいい」くらいのニュアンスは出すと相手も分かってくれるはずです。

表面だけでも演じること

子どもっぽい彼女欲しいと思っていても、男性も臆病と芯がブレてしまうこともあります。一番良くないのが「自分は頼れる男」と勘違いをして勝手に振る舞ってしまうことです。

そういう方は頼りにならないと見透かされてしまうので、虚勢を張るのではなく、上手に演じるのが子どもっぽい彼女をゲットできるコツです。欲しいと思っても余裕であるかのように見せましょう、

相手にバレないくらいに演じれるようになると、純粋に落としやすいです。頼れる男は今からでも演じることができます。判断を早めにしたり、シンプルに考えたりすることで、相手から思われる可能性が高くなります。

子どもっぽい彼女欲しい人は出会いの数を増やすべき

子どもっぽい彼女欲しい人は出会いの数を増やすべき

彼女欲しいと切実に思っていても、勝手に作れる可能性はゼロに近いです。子どもっぽい彼女を求めるなら、自分で出会う数を増やしたり、集中的に出会いを求めることで作れるようになります。

そこで、なぜ出会う数を増やすべきなのかと、増やす方法を具体的に紹介します。

「出会いがない」は行動しない証拠

子どもっぽい彼女欲しいと念じても、そもそも出会うきっかけがないと彼女を作ることもできません。意外と「出会いがない…」と嘆く男性の中には行動していない方が多いです。

「ナンパは恥ずかしいし…」「社内恋愛は面倒だし…」など、こんなことを思っていませんか?実際に出会える人の数は行動すれば広がりますし、彼女を作ることも可能になります。なので、欲しいと思うよりも行動した方が効率が良くなります。

どうやって数を増やせばいい?

数を増やすには、ストリートからネットなど多種多様です。ストリートはハードルが高いので、あまり行動を起こしたくない方もいるでしょう。また、周囲の知人にバレることが嫌いな方にとっては、絶対にやりたくない行為だと思います。

また、街コンや合コンなどで積極的に行動するのも大事ですが、彼氏探しをしている子どもっぽい彼女に出会えない可能性もあります。

そうなると、やはりネットでの出会いとなります。ネットの出会い系であれば、子どもっぽい彼女を欲しいと思えば探しやすいし、口下手でもメールからできるので、話も楽になるのではないでしょうか。

現在はスカイプで出会いを探したり、スマホなどで写真を交換してお見合いのように出会うやり方も増えています。子どもっぽい彼女を募集したり、プロフィールに理想の相手のポイントなどを書き込んだりすることで焦点を絞り込むことができます。

優良の出会い系を使って子どもっぽい彼女をゲット!

ネットの出会い系で懸念するものは、サクラがいることでしょう。確かに、マイナーなサイトですと運営を上げるためにサクラを使うこともありますが、大手が運営するものは、サクラを使う必要がないので、安心して出会うのを楽しむことができます。

出会う数だけ子どもっぽい彼女を作るチャンスがある

ここで覚えていただきたいのが、相手も同様に探しているということです。どんなに、スタイルが良くて綺麗な女性だとしても、出会いをネットやストリートで男性から来てくれるのを待っていることが現状です。

なので、男性から行動を起こさないと、子どもっぽい彼女を作ることもままならないわけです。

ただし、何となく彼女欲しいではなく、チャンスを逃さないで集中的に探した方が行動しなかったよりも格段に子どもっぽい彼女を作りやすくなります。なので、欲しいと思うなら出会う数は増やすべきということですね。